そして、手のひらにあったもの。

   


ブログやTwitterは
いつか必ずまだ見ぬ仲間に出会えると信じて
発信し続けています。
だからこのブログは
誰かへのお手紙だと思って書いているんだけど。
そんなお手紙が心に届いた結果。
企業として初めて連絡をくれた人がいた。





なにか一緒にできたらいいねって。





すごく嬉しかった




その人は自分の休みを使って
何度も私たちに会ってくれた。
内容を詰めてくれたり
正直なアドバイスをしてくれた。











実は今回の企画が上手くいけば


大きな球団のある監督さんの力を借りれそうだったんだけど











みんなに見せられるような形にすることはできなかった。



はじめは、



正直すごく残念だと思った。








その名前が味方についたら。






きっと遠巻きで見てる人の

裏を表に


ひっくり返せると思ったから。

彼の力を借りることで

もっとたくさんの人が繋がってくれると思ったから。

でも、名前の力に


頼ることに一生懸命になって

私っていう人は


何も成長してなかった。

人の力で強くなろうとしていた。

かっこわるっ。

自分の弱さとか。

自分のずるさとか。

本当は認めたくないけど。

悔しいけど本当に本当に心に染みて。

また振り出しだって。

落ち込んだんだけど。




手の中には暖かく残るものがあった。




私たちの夢を背負って
一緒に戦ってくれた人がいたんだってこと。


自分の提案した企画が通らなくて


他の会社に持って行ったら




3000万円の利益が出たとかいうハイパービジネスマン。


自分の目に自信を持っているようなすごい人。

この企画は絶対イイって








応援してくれて。






しかも








一緒に戦ってくれた。













この人に出会えたことが



大きな宝だ。

冒険に出て始めたばかり


私は仲間に出会えた。

大事な大事な時間を


勇気を






本当にありがとう。





落ち込んでばかりいられない。

まだ諦めないよ。

私たちはこの経験を越えて。





まだ見ぬ世界の

その先へ行くんだ。

だから私は





夢の力を信じることを





やめない。

iammai

p.s

LINEのデータが消えちゃったので。新しいアカウントでお願いします涙




 - 未分類