年末JUMP!

      2016/04/08


あけましておめでとうございます☆



12月はイベントウィーク。たくさんのことが心を通り過ぎて


なかなかお久しぶりになってしまいました。


みなさんお元気ですか?







さて、12月31日は



東京タワーでトランポリン出してみました☆









すっごい楽しい気持ちで終われたんだけど




本当は不安だらけだったんだ。





いつもみたいに田舎の公園とかじゃないし





そもそも東京タワーなんて大都会に


広げられる場所があるのかなんてわからなかったから。







いつも勢いで進んじゃう私ですが



今回はなんだか



不安がいっぱいで逃げたくなる





そんな気持ちがあったんだ。




------------------------------------------------------------



人生の中で



新しいことに挑戦するときは



きっと、不安がいっぱいあると思う。







今回の年末JUMPはまさにそんな人生の縮図だったかなぁって思ってる。






なにかに挑戦したり


新しいことをやってみようかなぁって思ったときに


少し冷静な自分に戻ると







逃げ道を探してしまう。








本当は今回も




「みゆちゃんいないしなぁ。」



「車レンタルできてないしなぁ。」



「そもそもレンタルお金かかるよなぁ。」



「世界回るためにお金貯めなきゃだし。」



「上手くいかなかったときに巻き込んだ仲間に申し訳ないしなぁ」

 



「っていうか寒いし。風邪引いたら大変。」



「せっかくの休みだらだらしたいし。







とかって。






逃げるための理由を10個も20個も並べていた。






その時は逃げる理由だなんて思ってもいないんだけどね。






でもさ、それに気がついちゃったんだ。





「ぁあ。このままだと



私は逃げるなぁ。」って。











傷つきたくないと思えば思うほど


自分を守りたくなる。











不安と戦うことは、


すごく怖いし嫌なんだ。








でも、







出来ない理由を探して逃げるほうが


もっとやだって思った。



















だって人生は



一度しかないから。












誰の人生でもなく




自分の人生だから。







失敗したっていいじゃんって。そう思えば






人間が想像できる範囲のことで




トライ出来ないことなんて


なにもない。












そうやって挑戦した結果。




タンクときっしーとあすみん。




心強い仲間が一緒に乗っかってくれて。





結果たくさんの人たちの笑顔に


出会うことが出来たんだ。









一番初めに跳んでくれたのは



暖かい4人家族だった。



「頑張って下さいね」って心からいってくれる家族たちの暖かさに



励まされました。







そして元気な大学生たちは



バク転に挑戦したり(もちろん補助ありですが)



盛り上げてくれました。








海外の方も大勢いて


韓国・タイ・インドネシア・上海


たくさん交流できました。





なかでもタイのカップルとは


現地で待ってるねって、連絡先を交換してくれました。



「thanks!.you made me smilling face.」



と笑顔で言ってくれた時は



英語の表現って好きだし世界が繋がれるっていいなぁって思った。










逃げなかった結果。




暖かい笑顔や


仲間たちの心強さに






出会うことが出来た。










そうやって頂いた勇気と暖かさを持って



その夜、福島県南相馬市に出発しました。

















だからね、これから先も


いろんな不安とかから



逃げたくなることは本当にたくさんあると思う






だって人間の人生だから。





こんな時代だもの。







だからさ、




一緒にがんばろっ!






一人で踏み出すのが難しければ



みんなで踏み出せばいいじゃんっ。


みんなでがんばれちゃうような


一歩踏み出せちゃうような






そんな世界、



わくわくするなぁって思います。

iammai

p.s

全然関係ない話なんだけど




私が7年前お世話になっていた高田馬場のウィニングという受験英語塾の合宿で


弟がグランプリを頂いて帰ってきました。


テンション上がり過ぎて嬉しすぎたので書いちゃいましたが、


ブログを読んで下さっている方の中にウィナーはいらっしゃいますでしょうか?

もしいたらなんかいいなぁと思います。

 - 未分類