自分が死ぬ時に、この世界に残せる何かがあるって言えてるか

   

たくさん降ってくるインスピレーションと
 
 
自分の直感を信じて走り続けた出国前に比べ
 
 
帰国後の私は
 
 
心が止まったみたいだった。
 
 
 
 
 
{3BC08252-0880-43FB-8509-C38063B3A2EC:01}

 

 

 
 
 
 
 
 
そんな私にぶつかるたくさんの衝撃はどれも
 
 
 
 
 
 
 
 
考えれば考えるほど
 
窮屈で。
 
 
 
 
 
遠くから見ると
 
退屈で。
 
 
 
 
 
なにかが自分の中で矛盾しているような。
 
 
 
いつものエネルギーぶっ飛ばして進めない感じ。
 
 
 
 
 
ちょっと息苦しい。
 
 
 
 
 
走ってる時より、走った後の方が苦しいもんね。
 
 
 
 
 
 
 
なにしたらワクワクすんのか
 
見えなくなっていた。
 
 
 
 
 
 
 
刺激的で素敵な日々と出逢うことは本当に素晴らしいことだけど。
 
 
 
 
 
今まで見えなかったものが
 
見えてしまうようになる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
を知り過ぎるのは
 
 
 
に出逢い過ぎるのは
 
 
 
 
 
 
 
その反対の
 
 
 
 
同じように背負うことだと
 
 
 
 
 
気がついた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
継続しないで
 
 
笑顔にしただけ。
 
 
 
それは自己満と言うんです。
 
 
 
 
 
 
 
というご意見を有難く頂き
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
確かに自分がやりたいだけだからそうなんだけど。
 
なんかわかんないけど。ちょっと悔しいんだよなぁ…
 
 
 
 
 
 
みんなで笑って楽しければいーじゃんって
 
 
始めてしまった自分と
 
 
 
 
 
 
向き合わなきゃいけない時が
 
そろそろ来てるみたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
心の中に落ちたことがひとつ。
 
 
 
 
自分が死ぬ時に
この世界になにが残せたのか
 
 
 
 
って考えたとして
 
 
 
 
自分がやってきたなにかで
 
 
 
 
 
 
 
誰かの命が救われたとか。
 
 
これを残してこれたってものを。
 
 
 
 
やったぜ!なんて
 
 
 
 
想いながら死んでいけるか。
 
 
 
 
 
 
 
それを想像した時。
 
 
 
多くの人の目にわかるとして残せていたら
 
 
 
 
 
 
 
 
今は遠巻きにいる人たちを巻き込んだ
 
 
 
 
もっとたくさんの人の応援とか理解とか。
 
 
 
 
 
もらえるのかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
今の私にそのを残す力は
 
まだ足りないのだけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
iammai
 
 
 
 

 - 未分類