笑顔をプレゼントしよう

   

練馬区の小学校で「笑顔をプレゼントしよう」
 
という授業をやらせて頂きました。
 
 
 
{7A3E250B-7A5A-4F6A-B023-E0EE466F4C60:01}
 
 
 
 
私の夢はずっと小学校の先生になることでした。
 
だから大学では教育学部に入りました。
 
 
 
 
色んな経験や出会いを越えて
 
夢の形は変わり、トランポリン旅人?になりましたが
 
 
 
 
こうやって授業として子どもたちの前に立ってお話をさせてもらえて、昔の夢が叶ったという幸せな気持ちです。
 
 
 
 
まだ冒険も始まってないのに教室に呼んでくださった南里先生に感謝です。
 
 
 
 
 
 
 
2年生ということで
 
どんなことを話したらいいか
 
南里先生と相談して
 
 
 
 
 
あるプロジェクトをすることにしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それは世界をもっとハッピーにするお手伝い。
 
 
 
 
 
 
「笑顔をプレゼントしよう」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私はトランポリンを使って
 
誰かを笑顔にしてくるね。
 
 
 
でもみんなの力も貸してほしい!
 
 
 
 
 
 
 
だから心を込めた折り紙を
 
 
 
 
 
 
 
ひとつだけ折ってくれる?
 
 
 
 
 
ただ折るだけじゃどこのだれがどんな気持ちでくれたのかわからないから
 
 
 
みんなが言われたら嬉しいような
 
"あったか言葉"も一緒に。
 
 
 
 
 
 
 
 
質問が出ました。
 
 
 
 
 
 
 
 
「先生?日本語じゃ伝わらないんじゃないのかなぁ?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南里先生は優しい声でゆっくり言いました。
 
 
 
 
 
 
「トランポリンで笑顔をプレゼントする時に言葉はいるっていってた?」
 
 
「いらなかった。」
 
 
「そうだね。じゃあそうたくんが心を込めて書いた幸せな気持ちは
 
 
きっと届くから大丈夫だよ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子どもは安心してにっこり笑いました。
 
 
 
穏やかな南里先生と可愛らしい子どもたちのやりとりが
 
 
微笑ましく、私も笑顔になりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子どもたちは
 
 
 
遠くの世界のお友だちが
 
 
 
あったかい気持ちになるように
 
 
 
心を込めて
 
 
 
 
丁寧に折ってくれました。
 
 
 
 
 
{A846507B-30AD-4144-A7CC-BD0DD280E601:01}
 
 
 
ありがとう
 
がんばってね
 
しあわせにね
 
あそぼう
 
げんきでね
 
だいすき
 
 
 
 
 
子どもたちものあったか言葉で
 
 
 
教室はいっぱいになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あったかい言葉を言われたり
 
誰かが嬉しいと笑顔になれるよね。
 
 
 
 
 
ゆみちゃんが笑ったら
 
お隣の席のようたくんが笑うかもしれないし
 
ようたくんが笑ったら
 
それを見たようたくんのお母さんが笑うかもしれないし
 
それを見たお父さんがお仕事頑張ろうって思うかもしれないし
 
それで頑張ったお父さんのお仕事のお客さんが幸せな気持ちになるかもしないし
 
 
 
 
 
 
 
 
そうやってこの世界は
 
 
幸せや笑顔で繋がっているんだよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
だから
 
 
自分の周りのお友だちや先生や家族や自然にも
 
 
優しい気持ちで
 
 
 
 
笑顔をたくさんプレゼントしよう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子どもたちが一生懸命折った折り紙は
 
 
 
 
いろんな国に配ることにしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ある子のはカンボジアに
 
 
ある子のはフィリピンに
 
 
ある子のはバングラディシュに。
 
 
ある子のはスリランカに。
 
 
ある子のはインドに。
 
 
 
 
 
 
 
 
2年2組のあったかい心は
 
 
 
 
 
 
世界をもっと
 
 
優しくしてくれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
iammai
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 - 未分類