前日の夜まで仕事。笑う余裕すらなくバタバタ出発。気がついたらカンボジアについてました。

   

私たちを一番始めに迎えてくれた
カンボジアの笑顔です。
赤ちゃんだから、なにを考えてるのか
わかりません。
でもこの子の素敵な笑顔は
待ってたよ」って言ってくれてるみたいに
私たちをいっぱいの暖かさで迎えてくれました。
{DA5381DE-68C1-4511-87DB-A974F9F2A81E:01}
出発の便に乗っている時
トランポリン募金大作戦とか
トランポリン元旦東京タワー大作戦みたいに。
気合の入ったパワフルな感覚は
ありませんでした。
いつも動き方はパワフルな方なんですが。
夢の中にいるようで
ワクワクというよりは
すごく穏やかな気持ちだったような気がします。
乗り継ぎの上海では飛行機の遅延で8時間も空港に待機。
入ったカフェでだらだらしてると
中国人のファミリーが隣の席に座りました。
子どもの名前はラッキーくん
中国人の一年生です。
宿題を見せてもらうと
こんなに難しい漢字を一年生で書くのかい!!!
正直びっくりしてしまいました。
{E1438509-62A9-4EB7-A712-ED21A40ABE83:01}
そんな宿題を頑張るラッキーくんに
2年2組のゆずるくんが心を込めて作ったあったか折り紙を
プレゼントしました。
ゆずるくんのあったか言葉は「がんばってね」。
日本からのメッセージだとわかるように日本のマークが書いてあります。
喜んでくれるかな…?
正直心配でした。
人によっては
折り紙なんてガラクタにすぎないと
思う人もいるかもしれません。
でもね、ゆずるくんが
世界の誰かを思って折った折り紙は
ちゃんとラッキーくんの心に届き、
笑顔を生んでくれました。
{211951F5-2551-4176-BD9E-785F42AF8A47:01}
可愛らしくにっこり笑って
「なんて書いてあるの!?
誰が作ったの!?」
キラキラした瞳で、興味しんしんです。
教室で撮った動画を見せて、「この子だよ!」と伝えると
ますます喜んでくれました。
Are you happy now?
yes!
子どもらしく元気よく答えて宿題を頑張ってました。
それを見たお母さんも
嬉しそうに笑っていました。
日本の子どもが世界に向けて
あったかい言葉を贈る。
そうやって笑顔が繋がっていくこと。
旅の始まりに
幸せを感じた時間でした。
この折り紙がなかったら
ラッキーくんの笑顔は見られなかったなぁ。
ありがとう。
今、私とぴーちゃんは無事に(いろいろありましたが笑)ゲストハウスにつきました。
一万円だけ持ってスケボー旅をしている人
世界一周のもうすぐ終わりを迎えるグラフィックデザイナー
世界一周中女一人旅のお姉さん
タオルを頭に巻いてゲストハウスのスタッフをしているお兄さん
いろんな人に出会って
元気をもらっています。
笑顔いっぱいの旅になりますように。
iammai

 - , 笑顔はどこから