birthday party atカンボジア♡

   

ベンメリアという遺跡に連れて行ってくれた
トゥクトゥクドライバーのまぁちゃん
24歳のバースデーを迎えるということで
村で行われるお誕生日パーティーに招待してくれました。
{368FEBFF-195B-4907-9601-BA8BD62D8E63:01}
可愛く風船で飾られた村の
小学校の庭で
なんと教室から机を借りてきます。
{902ABAE0-3E66-4787-8204-ABC81C83AD35:01}
爆音のC-POP
もちろん村の子どもたちと
バースデー!トランポリン!♡
{15AFEC73-4BFA-481A-A1C8-F7393732D2D4:01}
自然の中でビアガーデンな雰囲気です。
{E71D55B2-4C55-4ADF-A8E2-84594FE6D68E:01}
カンボジアのお誕生日会は
5分に1回もしくは
話が止まると
どこかで誰かが
チョルモーーーーーイ!!
(かんぱーーーい!)
と始めるので
飲みっぱなしです。
気温35度の中、
踊りっぱなしです。
ケーキを顔にぶちまけます。
お父さんお母さんおじいちゃん赤ちゃんそして犬も
関係なくケーキまみれ
{0987CDF0-08A9-4D90-B125-2586A745F3CB:01}

 

はっちゃけるカンボジア誕生日会です。
日本とは違うところがひとつ。
それは祝われる本人がパーティーの準備するということです。
おもてなしの心です。
まぁちゃんは朝からアヒルを一羽締めて
みんなの分の料理を作ります
ビールを配ってくれたり
料理を出してくれる時も
ニコニコスマイルで
「ありがとう。ありがとう。」
何度も「ありがとう」
と言っていました。
きっと
12人に1人が
5歳になる前に死亡してしまう
 
 
 
 
 
(2008年国勢調査による)
そんな環境の中24歳になったこと
自分が生きているのはみんなのお陰だと。
心の底から思っているからこその
おもてなしなのでしょう。
忙しいと忘れてしまいそうな
とっても大事なことを
私もカンボジアの人たちのように
感謝しながら生きていたい。
友だちだからと、タダでトゥクトゥクに乗せてくれたオカチャン。(申し訳ないので無理やり5ドル渡しました。日本円で1人125円。)
そして村の人たちや
子どもたち
村で出会った素敵な日本人の方々
「友だちだ!」と誕生日会に招待してくれたまぁちゃん。
「いろんな国のお友だちをつくる」
私の夢がまたひとつ
叶いました。
素敵な夜を
ありがとう。
p.s
踊り狂って爆睡しちゃったんだけどね笑
{9A1E2D0B-9425-42C1-9387-029B66A23F09:01}
iammai

 - カンボジア,