めぐり逢えたことでこんなにも。世界が美しく見えるなんて。

   

バングラデッシュ・ネパールを越えて、

動かなければ出会えなかった笑顔にたくさん出逢いました。

 

image

 

そしてバングラデッシュでは
 

 

 
体育がないこの国の健康のために働くまいさんやあいさん
 
クラウドファンディングで学校建設を行う河野さんとバイクの力でバングラデッシュを豊かにしようとしているまっちゃん
 
特別支援施設やネパールのたくさんの施設で動いているひろしさん
 
ネパールのチベット難民孤児を育てるちあきさんや日本語を教えるえりさん
 
 
 
 
 
こんなにたくさんの日本人が世界で頑張っている姿をみた。
 
すごい活動を、心を込めて動いている人たちとトランポリンが出来て、
 
私も一緒にがんばろうって勇気をもらいました。ありがとう。
 

 
image

 
 
そしてネパールで、私の人生を大きく開いてくれた出逢い。

 

 

 
畑 美奈栄さんという76歳の女性。

彼女は46歳の時、旅行に出たインドで病気の子どものお母さんに出会う。

薬が欲しいと言われたが持っていなく助けてあげることができなかった。

その後、美奈栄さん本人が高山病にかかり、旅先で出会った鍼灸師の夫妻に助けられる。高価な医療器具を使わずに病気を治せる東洋医学に魅力を感じ、助けられなかった病気の子どもの償いの思いと「ネパールに医学を」という思いで

帰国後46歳で専門学校に入学する。この時は東洋医学がどんなものかも知らなかった。

卒業までに100万円のカンパを集め、卒業後すぐネパールに飛び、鍼灸師のための学校を建設。

赤十字から土地をもらい、ネパール政府から認定校として認められる。卒業したネパール人たちは、独立してお店を開いたり、今ではよもぎで作るお灸を日本へ輸出する工場を運営。人材育成も行っている。
 

 

 

そんなすごい方とは全く知らず

お稲荷さんを頂き、美奈栄さんのご縁で紹介して頂いた小学校でトランポリンをさせて頂きました。

 

image
 

めぐり逢えたことで

私の頭にあったなにかが変わりました。

 

 

私は30歳くらいで結婚して、とりえあえず子育て。

だからやりたいことがやれるのはあと少しの間だけだと

なにか思い込んでいたんだけど。

 

なにかを始めるのに
 

 

 
年も技術も関係ない

 

 

 

そんな風に思ったら
 
すごく世界が
 
 
美しく見えるような気がしました。

 

 

 

 

 

BORDER引いてない?

 

 
image
 

 

 

仕事があるから夢が叶えられない?

 

 

そんなことない。仕事してたって夢は叶えられる。

 

 

英語が話せないから、お金がないから海外に行けない?

 

 

語学じゃない方法だって伝えられる。航空券だけ買えば、あとは世界でいくらでも働けばいい。

 

 

 

全ては自分が勝手に引いた

 
 
BORDERに過ぎない。

 

 

 

 

 

私はもう

自分にBORDERは引かない。

 

 

 

 

想い描く世界に繋がるように

 

遠慮せずに行くぜ。

 

 

 

 

image
 

 

 

 

 

 

 

 

 

面白くないと嘆いていたいつかの私へ

 

毎日が面白くないっていうのは。

 

自分で勝手に世界をつまんなくしてるだけだよ。

 

世界のせいにすんじゃねーよ。

 

 

 

私たちの生きる地球は

 

 

 

この世界は

 

 
image
 

 

 

こんなにも美しい笑顔に溢れている。

 

 

 
image

iammai

 - 未分類