僕等は過去を忘れてしまう生き物で。でも、未来を願うことができる生き物で。

   

8月6日は、広島に原爆が落ちた日です。
宿のインド人たちも、広島や長崎のことは知っているようで
子どもたちと黙祷がしたいと言うと
「GOODアイディアだね!」って
 

近くの村まで案内してくれました。
 
バングラデッシュのストリートチルドレンたちや、

世界のいろんなところで

日本や世界の平和のために黙祷をしてくれたようです。

image

私たちは、インドの砂漠の町で子どもたちと黙祷をしました。

image

でももし私が日本にいたら

黙祷なんて、していなかったかもしれません。

それは日本では戦争のない日常が当たり前すぎるから。

そして、平和を願う余裕なんてないから。

TVのニュースで一瞬見て、今日はそんな日なんだ…なんて
頭を通り過ぎていったでしょう。
きっと慌ただしく、いつもと同じように働きに出かけていたでしょう。

 

 

 
image
 

 

 

人は

残念ながら、忘れてしまう生き物です。

 

 

 

でも人は

 

希望に溢れる明日を

 

願うことができる生き物です。

 

 

世界が願う平和を

ほんの一分でもいいから。

 

一緒に感じられたらいいな。

 

 
8月9日は長崎に原爆が落ちた日です。

忙しくて時間のない生活の中の

 

ほんの一分でもいいし、何時だっていいから。

 

 

 

戦争のない

平和な世界を

 

 

一緒に願えたら素敵ですね。

 

 
image
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S
1年後のflyhighメンバーへ
 

僕等はきっと1年後は一緒にいないのでしょう。

 

 

それでもきっと今日

砂漠で感じた風と

子どもたちと祈ったpeaceと

出会ってきた笑顔だけは

 

 

 

確かに今日ここにあったんだと

 

あの日一緒に生きていたなぁって

 

未来の勇気になればいいね。

 

 

 

 

 

 

image

iammai

 -