旅の終わりと奇跡の海。

   

 

 

 

最後の国

 

モルディヴ

 

 

 
image
 

 

 

 

この島を最後の国にしたのは理由がある。
 

 

私のルーツの1つが

この国だってこと。
 

 

私という生命は
この国で生まれた。

 

 

 

 

 

もう私には見ることのない愛は

 

その島の風や空や太陽が教えてくれた。

 

私は確かに愛されて、生まれたんだって。

 

この島には奇跡が溢れている。
 
そしてこの旅の最後のトランポリンは
 
美しかった。
 

 
image
 

 

 
「Today is the last day!」
 

 

 
って元気よく叫ぶ自分が少し

 

 

 

 

 
切なかった。

 

 
最後な気がしなかったけど
 

 
この夕陽が沈むまでの時間が
 

 

 

 
僕等に残された最後の時間だった。
 

 
「ああ。もう沈んじゃう。」

 

 

 

 
そんなこと思いながら
 

 

 
はしゃぎまわるモルディヴ人の子どもたちと

 

 

 
いつもと同じように笑っていた。
 

 
image
 

 

 
美しすぎる夕陽が沈んでいく。

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 
僕等はただ
 

 

 

目の前の子どもたちの笑顔と

 

 

 

FLYHIGHメンバーと過ごす最後の時間を

 

 

 

 

 

 

もうすぐ終わるこの旅を

 

 

 

 

 

 

 

大事に愛した。

 

 

 

 

 

 

今までの全てがフラッシュバック

 

 

 

 

 

 

 

泣いた。そんで。顔見合わせて、笑った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ずっと追ってきた夢を、叶えた瞬間だった
 

 

 
自分の心臓の音が聴こえていた。
 

 

 
あの時僕等は生きていた。
 

 

 
生きてるってことと、人生の深さに

感動しまくってた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その島で起きた奇跡の絶景。

 

 

 

 

CALM DOWN

 

 

 

 

 

と呼ばれる偶然は

 

 

 

 

 

 

海流・気候・風・温度
 

全てが調和しないと現れない世界。

 

 

 

 

 

 

それは突然

 

 

 

私たちの前に現れた。

 

 

 

360度水平線。

 

 

 

波がないただただ遠くまで大きな水溜りみたいで
空がそのまま鏡のように海にうつって

 

 

 

 

 

海と空の境がなくなる。
 
見たことのない色。
 

音のない「海」。

 

 

 

宇宙に放り出されたような感覚。
 

 

 
表現出来る言葉なんて
 
持ってなくて
 

 

 

 

 

ただただ

 

 

 

大きな地球に溶けていた。

 

 

 
image
 

 

 

 

その後、イルカが出たんだ。

 

大きな海の中

 

遊ぼうって言ってるみたいだった。

 

 

 

 

夜は毎晩、信じられない数の星と

 

 

流れまくる流れ星を見る。

 

 

遠くで鳴ってる民族楽器の音色が優しい。

 

 

 
自然に溶けて、溢れる奇跡の中で
 
未来のことなんて
 
思いつかなかった。
 

 

 
今ここにいることが奇跡すぎて
 
今を大事に感じることで精一杯だった。
 
たくさんの感謝を。空に願った。
 

 

 

 

 
旅は終わった。
 

 

 

 

 

 

 

 
image
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
帰国後
 

 
私とぴーは職場に戻り

よしろーはカンボジアに戻り

あやかはエジプトへ

くみはヨーロッパへ
 

 

 
みんなそれぞれの道を歩いていく。

 

 

 
それぞれの目指す世界へ。
 

 

 

 

 

 

 

 
ぴーと始めたこの旅。
 
走り始めたその日から、未来じゃなくて今を生きることに必死だった。
 

 
夢だけ見てればいいって言ってられない現実社会。
 
だからこそ
 

 
人生かけて夢を
 
一つでいいから何かをやり遂げたかったんだ。
 

計算できる範囲でしかない勝負や、知ってる範囲の成功よりも
 

 
未知にガツガツ飛び込んでいくことが
 

 

 

自分たちの求めた生き方だった。

 

 

 
短すぎる人生の中で
 
そうやって少しづつ
 
見えないなにかを動かしながら
 
生きていきたい。

 

 
これからも。
 
ずっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
今まで応援して下さった皆様。

 

 
出逢ってくれた全ての人たちに
 
心の底から感謝でいっぱいです。
 

感謝しきれません。
 

 

 

 
私たちが最後まで来れたのは
 
「本当に皆様のおかげです。」
 

 
ありがとうございました。
 

 

 

 

 

 

私たちはこれからも
世間の度肝を抜くような

 
笑顔繋ぎをしていくつもりです。

 

 

 

 

 

 

 
お楽しみに♡
 
image
 

 

 
iammai
 

 

 

 -