遠慮なく、飛べ。

   

頂いたメッセージの中に

「自分のやりたいことや軸がわからないという方にアドバイスをお願いします!」

という学生からのものがあったのを、今更見つけた。

 

 

 

やりたいことがわからない。

 

ってことはつまり

 

 

 

なにをやってもいいっていう最高の状態だと私は思っていて。

 

 

 

それはもう最高なことで。

 

 

つまり無限に

「なんでも描いていいとしたら、どんな未来を描く?」

 

 

 

っていうことに尽きてくると思っている。

"なんでも"っていうのは雑に聞こえるかもしれないけど、もう何色使っても良くて
もう何も自分の過去なんて気にしなくて良くて、
自分ができない人間だとかそういうのもう全部とっぱらって良い。
逆に自分はできる人間だとかそういうのもいらない。

 

 

 

そういうのは、全部捨てていい。

 

 

今の自分が0だとしたら

 

 

そこから、なんでもできると思ったら

 

 

 

 

「あなたはどんな未来を描きますか?」

 

 

 

描くのには、誰にも文句は言われないし。

恥ずかしいとか思う必要もないわけだから

自由に繰り広げればいい。

 

 

 

知っている未来の幅でしか、描こうとないのはもったいない。

 

 

 

 

自由に描いていいって言ってんだから

かっこつけなくてもいい。

 

 

 

 

 

そしたらきっと、一つくらいは

「やりたいこと。好きなこと。」

が出てくると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうそれで十分ワクワクの世界が広がる気がするんだけど、

 

もっとリアルに自分の人生を生ききってしまうなら

 

 

その先にもう一歩踏み出したらいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

「やりたいこと」が例えば出てきたとして

自分で自分の可能性を潰さないでほしいということ。

 

 

 

 

「できるとかできないとか」って意識も、結果も、

正直、私からしたらどっちでもいい。
(←こういうこというとすぐ冷たいとか言われるけど嘘つけない。)

 

 

でも

 

 

やりたいことを全力でやったかやらなかったかの方が

 

 

 

できたできないより大事。

そこにどれだけ愛情込めたとかの方がよっぽど大事じゃん。

 

 

 

 

極論かもしれないけど結局のところ、全てはここに尽きる。

 

 

 

 

 

この世界は

 

 

できたか、できなかったかじゃない。

 

 

 

やるか、やらないかの

2択で決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iammai

 

 - あなたへの手紙