開発メディアganasさんに取材してもらいました

      2016/04/12

取材に来てくれたチームがものすごく素敵で。未来の可能性が溢れまくっていた。思い出に残る日になった。

ただ、本音は「今の段階じゃまだ、この世界にはなにもプレゼントできてない」って思うのが現実で。取材をして頂くほどの価値があるような、社会へのなにかをしていたかというとまだ足りない。
もちろん、動き始めの今だからこそ溢れる感情や、今だからこそ伝えられるものというのもある。申し訳ないけど今はそれしかないから。そこはグッと込めていこうと思っているんだけど。”まだステージが低いな”と思わずにはいられない。

もう2016年になって3ヶ月も経ってしまっているけど、時間の使い方を、ものすごく強く想うようになった。これを創るために本当に必要な時間の使い方はこれであってるんだろうかとか。この時間は、もう私にはいらないんじゃないかとか。

こんなにもがいていても、それでも世界のいろんなところで、同士という仲間たちがどんどん増えてきて
自分の描く未来は確実に輝き始めている。

ここからステージをあげてやる。

想像できない範囲の自由を、私は舞う。
未来で待つ笑顔の量を、

倍速で増やしてやる。

12755045_652317691573443_163438736_o

http://www.ganas.or.jp/20160302flyhigh/

 - 取材記事