侍とラーメン

      2016/04/12

ラーメンの炊き出しチームに同行させてもらって孤児院に炊き出しに行ってきた。

 

「お腹が空いている子どもに食を。」と聞くと、めっちゃ心優しい天使のようなニコニコ星人を思いつくかもしれないが、彼らはちょっとそういう人たちとはいい意味で違った。

 

“侍”

そう、侍という表現が一番近い。ラーメン屋独特の「らっしゃい!!」的な勢いを持って、大きな鍋を用意し大量のスープを作る。手馴れた手つきで火をつけ、スムーズにそれぞれが役割を担いながらラーメンを作り、「おかわり自由だぞ!!」と言いながら笑顔でラーメンを配る。子どもは初めての日本の味噌ラーメンを夢中で食べる。

 1352_1039836899421540_7796939779740993140_n

 

 

今回は2つのチームが協力してラーメンを届けに行っているんだけど、それはある意味ものすごく自分の理想の姿に近いものだった。

 

お互い信頼している同志が自分の力を最大限使って世界の笑顔を繋ぎまくる世界観。

 

 

11998958_1104138439628689_832655804352217678_n

 

すんげー、かっこいい。

 

 

素直にそう思ったし、自分のやりたい世界観をもう既に開いている人が目の前にいるということに鳥肌が立ちそうなほど、私の心は震えた。

 

そしてこの炊き出しで私が心に残ったことがたくさんあったのだけど、
その中で今回特に心に響いたのは。

"家族を一緒に、連れていく姿"だった。

 

 

奥さんと、小学一年生と年中さんの子どもも孤児院に一緒に行く。ネギの盛り付けやお肉を乗せるお手伝いをさせながら子どもに「笑顔でラーメン作らないと美味しくならないんだぞ!笑顔、咲いてるか。」問う。背中で子どもに生き様を見せる。

 

 

 

家族には愛を。

弟子には時に厳しくも、

一瞬で人生の本質に切り込んでいくような一言を刺す。

 

 

 

これが、日本の侍。

 

 

 

 

 

 

私の一族も、元は武家らしい。
この日から私の中にある侍の血が
ザワザワと音を立て始めている。

 

 

 

 

 

10484926_1104138389628694_3869624873818591444_n

 

 

 

 

*FLY HIGHトランポリンを担いで歩いた世界13ヵ国の旅

書籍予約はこちらから

http://goo.gl/6YIuwh

*石原舞 インタビュー記事
アセナビ
http://asenavi.com/archives/6169

開発メディアganas
http://www.ganas.or.jp/20160302flyhigh/

*石原舞国内イベント
5月28日京都イベント詳細未定
5月29日GreatLuckFES

*講演・トークライブ依頼は以下までお願いします
iammai0826@icloud.com

 

 - カンボジア, 未来の私へ