【時の逆流】

   

過去の積み重ねが今を作っているという感覚はわかりやすい。
 
 

例えば、ダイエット頑張れなかったから痩せなかった今があるとか。こういう歴史を歩んだからこんな性格になったとか。
 
 
だけど、私はそれと同じくらい。
“時は未来から現在へ流れている”という感覚の中で生きている。
 
 
 
実は6月の帰国では、時間のうねりに強烈にぶつかった縁があった。
 

藤井みのりが突然、会わせたい人がいるからさ、まいまいこの日空けといて。と言われて、とりあえずよく調べもしないまま(大変失礼!w)向かった。

 
会ってびっくり。石原舞、 笠井 亮吾 (Ryogo Kasai)のファンになる!w
何度彼の笑顔を思い出して癒されたことか笑
まぁいいや。そういうのは置いておいてw

 
数時間お話しさせてもらっている中で、終始私は思っていたことがある。
 

 

 

「この柔らかさと大きさ、どこから来るんだろう。」

 

 

”愛”という、まだ私には扱いきれないこの言葉の深さから来るんだろうか。それはもういたるところから溢れ出ている。
 

 
この人と話していると自然に返りやすくなる。京都弁のせいかな。自分の中にある美しいものを引き出されているような気がした。
 

 

 
穏やかに流れた優しい時間から一変。
激しく時の逆流の瞬間がきた。
 

 

 
私、亮吾さん、そしてそれを繋いだみのりも愕然。
「え・・・?いや・・・まさか。 

 

 」

私と亮吾さんの間にあった時のうねりのような縁があることを知ってしまった。
 

 

 
私はこの感覚を”未来から現在へ、時の流れが逆流してきた。”と表現したい。

一瞬。その場が、
止まった。
 

 

 
「いや本当に本当にそうなの?嘘でしょ?この確率、信じられない。」
 

 

 
お互い本当なのかと信じられない時間が続いた。でもそれは事実だった。

おそらくこの間にあったのは
 

 
私たちが先代から引き継いだ過去から来るなにかで。
しかし明らかに未来から流れてきている。
 

 
ねぇ神様。
これはなんのメッセージですか。
 

 

 

 
時の逆流を感じるといつも思う。
過去は記憶でしかないし、未来は想像でしかない。
その流れを感じながら”現在”を感じることを諦めてはいけない。
 

 

だからこそものすごく強く
ここから出てくる言葉のいろんな可能性をもう必死でたぐり寄せた。

 

 

私はなにかを、言葉に乗せて伝えるためにきっと、この人に出逢っている。そう思った。

 

 

でもわからない。まだその言葉が、どこから来るものなのか。
真の言葉はまだ出てこなかった。

 

 

 

 

そして一ヶ月が経とうとしている今も、まだ彼との間にあった深い縁に出会ってしまったことを信じられない自分がいる。

 

 

それぞれの運命に転がされながら
こうやって人は
繋がっていく。

 

 

 

 

 

 

未来志向の人間と過去志向の人間がいたとして
それはどちらも偏ってはいけない。

 

 

未来はただの想像でしかなく、過去はただの記憶でしかない。
どちらもただあなたの頭の中の世界にしかないものだから。

 

 

ただ過去と未来のバランスを両方受け取り、
愛のある現在を見極める
器の大きな人間は美しい。

 

 

 

 

 

 

毎回藤井みのりが繋ぐ縁の威力がすさまじいので、私は 藤井 みのり (Minori Fujii)をもはや”縁繋ぎスト”と呼びたい。意味わかる?ピアニストみたいなね。

 

 

そんな彼女と過ごすカンボジア3Day’s
私はタグ付けしてもらったくらいで、まだあんまり告知とかしていないのだけど、

 

 

告知前から満席になり、告知前から増席するというよくわからない構造になっている。あと2席だけ、前半戦が空いているらしい。←主催のくせによくわかってない。w

 

 

縁の見極め方とか、本音で生きる極意とか、月7桁の稼ぎ方のヒントも教えてくれると思います。
私と同じで彼女も気分屋だから、気が乗ったらだろうけどね。
 

 
本当にあなた欲しいと純粋に本音を拓けたら、きっと返ってくるでしょう。
ピンときた方たぶんもうこの調子だと、明日には埋まるのではと思っているから、連絡お待ちしてます^^

https://www.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fdocs.google.com%2Fforms%2Fd%2F1C19Imolvuls0AKxtXkWq8XPjWKSG_W4RSm9jb4GfJgE%2Fviewform%3Fc%3D0%26w%3D1&h=NAQHw8VUR

 - あなたへの手紙, 大事な友達, 未来の私へ, 過去の私へ