【RPGゲームに例えたら】

   

少年ジャンプ的に考えたら。RPGゲームに例えたら、
次のステージで旅をするときはパワーアップしてなきゃいけない感じがする。
 
   
例えば新しい武器を持っているとか
体力がアップしているとか
仲間が増えているとか
 

    
    
なんかそうなったら理想だなぁと思っていたのに
私はどちらかというと
パワーは・・・特にアップはしていない気がしている。
   
 

        
年はとったし、体力もなんなら気力も落ちている気がする。
前は強い表現を好んだけど、今は強い表現が好きではなくなった。

 

     
     
友人の優しさに触れると、
"これがいっぱいある人生は間違いなくハッピーだなぁ"
というふわっとした優しさを感じるようになった。と同時に

 
     
"うぉっしゃーやるぞー!"みたいなやる気的な感情は
"みんなありがとうありがとう!"みたいな。今ならみんなに優しくなっちゃう!♡みたいな菩薩ゴコロに変化した。

 
 
    
こういうのはもしかしたら年齢のせいかもしれない。      

 

   
    
そしてやはりピーターくんという存在も大きい。

    
        
ある意味、恋愛という世界での幸せや暖かさによっかかっている日はとても穏やかで。  
幸せだなぁと思うと。
彼の笑顔に癒されるなぁと思えば思うほど。

 

       
     
世界の平和とはもしかしてこれのことではないでしょうか。・・・みたいな気持ちになる。
 
            
 
      
    
法律とかお金とか宗教とか、いろんなものが人に影響を与えるけれど。
近くにある自然な笑顔とか。ただただ優しい一言があることが。
      
本当に世界を平和にするんじゃないかという気持ちになる。
      
    
    
 
    
私たちはトランポリンでどこまで
優しくて美しいものを生み出せるのだろうかと
      
世界中の人のそばに、
その人を囲むかわいい笑顔がたくさんあったらいいのになと。思う。
   
 

 

     
    
   
そんな私は数ヶ月後にトランポリン旅という冒険を始める。   
   
    
   
  
話は変わりますが
さっきトゥームレイダー観てきたんだけど、ハラハラドキドキする冒険ものバンバン戦い合う銃撃戦をみながら
   
       
何を食べたらトゥームレイダーさんのような
ワイルドなおっぱいになるんですか。となんども思って。
 
   
   
戦いのシーンでこんな美人がいたら銃なんて捨てて
 

 

         
“僕が探していたのは秘密の財宝とか呪いがどうとかじゃなくて
あなたでしたぁあーー!好きですッッッ!♡♡♡”
     
   
    
みたいな   
宝物の冒険よりも恋の冒険が始まっちゃうのではと。
そんなことばっかり考えていたので内容はよく覚えていないのだけど。
   
  
    
        
彼女ほどの冒険ではないにしても今年私は冒険をするわけで。
今の私が地球を歩いたら、どんな世界が見えるのでしょうか。    
   
  
    
この世界にはこんな私を
待っていてくれるなにかがあるんでしょうか。 
 

    
  
   
カフェの中からプノンペンの熱い日差しを眺めながら
一気にラテを飲み干して、
大好きな丸亀うどんに向かった。

 

 

 - あなたへの手紙, カンボジア, カンボジア事業, プノンペン, , , 未来の私へ, 本気の遊び, 海外文化, 笑顔はどこから